正規雇用の工場求人で働くデメリット

責任感が増し、休暇が減る

工場で働く場合、雇用形態としてアルバイトの求人が多く見られますが、正規雇用で働きたい方もいますよね?他の企業と同様に、工場でも現場での一定期間の経験と、正社員登用試験の合格を得られれば、工場で正規雇用として働くことは可能です。ですが、アルバイトと違って正規雇用にはデメリットもあります。それは、忙しい時期などでは残業や休日出勤が発生することで、工場の中には24時間稼働させている場合もあり、正規雇用の方は残業や休日出勤を避けられない場合が多いです。そのため、仕事内容によっては体力的にきついと感じることもあり、責任もアルバイトよりも重くのしかかることもあります。また、有給休暇が取りにくい傾向にありますので、確実に休みが欲しい方には向いていないかもしれません。

コミュニケーション能力が求められることも

また、工場での正規雇用は、他の仕事を任されることになったり、同じ系列の工場への勤務を課せられることもあります。仕事としてのやりがいはありますが、こなさなければならない業務が増え、対応していくことを求められますので、人によってはプレッシャーを感じるかもしれません。さらに、アルバイトの時は限られた人としか関わることがなかったとしても、正規雇用では様々な人と関わる機会も増えます。ですので、人との円滑な関係を築けるコミュニケーション能力が必要です。ですが、正規雇用は社会保険やボーナスなどの待遇面の良さもありますので、安定した仕事を続けたいと思う方は、一度正規雇用の工場求人に応募するのも、良いかもしれません。